両者の特性

不動産投資は、主に、建物や土地を人に貸して、賃料収入を得ることで成り立ちます。
不動産投資は、収入が比較的安定している点が魅力です。
というのは、不景気になっても人は住む場所を必要とするため、景気が悪い時でも賃貸契約はそのままにしやすいためです。
例えば、株式や通貨などは景気の波に左右される幅が非常に大きいのですが、一般個人を相手にした不動産投資ではそれほど景気に左右されない点が魅力なのです。
もちろん、不景気が大変長く続けば、借りている人もより家賃の低い物件に引っ越すことなども考えるでしょうが、それは一般的には更新の際などに限られます。
というのは、一度借りた物件から引越しをするには、新たに初期費用や引越代などがかかるという事情があるからです。
こういった意味で、不動産投資は景気に比較的影響されにくい、安定した投資と言えます。

収益物件を所有する資産運用は、長い間、一部の資産家によってなされてきました。
ところが最近では、一般のサラリーマンなどの勤労者でもこうした収益物件による資産運用を行う人が現れています。
これは、コンサルティングやセミナーなどを行い、収益物件を売る業者の努力によるところもありますし、年金制度などへの信頼が揺らいできたという事情もあります。
こうした勤労者世帯が購入する収益物件では、マンションの一室などが多く、ローンを利用して始める人も多いのが特徴です。
しかし中には、購入価格が低い戸建て住宅などを現金購入を条件に更に値切って購入し、より高い利回りを実現する人もいます。
一般的に不動産投資では、成功するとその収益を次の物件購入に充てる人が多く、成功すればアーリーリタイアも可能になる魅力があります。